VI

Isabella Stefanelli season IX “sunset at 16:15” for PHAETON


糸の選定から織構造の構築にまで至る生地開発、パターンメイキングから縫製、仕上げまでを自身でデザインするイザベラ・ステファネッリによるコレクションは、土台となるその背景やコンセプトの上に立つことで、より美しく力強いものとなり、唯一無二の存在感を放ちます。

2020年1月のパリ・ファッションウィークにて発表された9回目のコレクションは “sunset at 16:15” というタイトルが付けられました。

自身のアトリエで彼女自身が織機で生地を織っていく中での閃きや気づきを、生地の質感や色調に落とし込み、それと同時に新しいコレクションのテーマやストーリーたちに輪郭や温度を与えていくという過程を経て彼女のコレクションは生み出されます。今回のタイトルはそうやって名付けられた各コレクションの中でも、とても彼女らしい名前をつけられました。

ひたすらに自身と向き合う繊細で張り詰めたときにふと見上げた織機越しに見えた夕陽の美しさに感動し、同時に世界中でみんなそれぞれの夕陽があることに想いを馳せることで穏やかな気持ちになれたこと。そしてそれをきっかけに、手旗生地で朝陽(サンライズ)、夕陽(サンセット)、フルムーンという色彩を英国の伝統的な柄のグレンチェックで表現しようと試みたのがこのコレクションのはじまりです。

「16:15」 はそんな冬の日のイギリスでの日の入りの時刻です。

偉大なる先人や自身の生き方に影響を与えた人たちへの敬意を込めてその名が付けられたアイテムが放つ魅力は、生地、デザインと構造、縫製仕様そして染色といったプロセスの複雑な関わりが生み出しており、それらの裏に潜むコンセプトや物語に起因しています。 ブランド独自のパターンワークや縫製仕様のベースはそのままに着実に進化を続ける handwoven fabricや英国の伝統生地を全く新しい次元に引き上げる Isabella Stefanelli のクラフトワークをお楽しみください。

 Stefanelli/イザベラ・ステファネリの詳細は、会員登録・ログインされたお客様のみご覧いただけます。
  • 1-3/3

CLOTHING


偉大なる先人や自身の生き方に影響を与えた人たちへの敬意を込めてその名が付けられたアイテムが放つ魅力は、生地、デザインと構造、縫製仕様そして染色といったプロセスの複雑な関わりが生み出しており、それらの裏に潜むコンセプトや物語に起因しています。

ブランド独自のパターンワークや縫製仕様のベースはそのままに着実に進化を続ける handwoven fabricや英国の伝統生地を全く新しい次元に引き上げる Isabella Stefanelli のクラフトワークをお楽しみください。





FABRIC


Mored|素材は、イギリス北部に虚を構える moon&sons社のウールのヘリンボーン素材です。赤味の強いレンガ色、ピンク、ブラウンを中心に複数の先染めの糸を混ぜてヘリンボーン柄で織ることで英国生地の持つクラシカルな雰囲気と優しい表情を作っています。今シーズンのテーマである夕陽を連想させる美しい生地です。

Morose|イギリス北部に虚を構える moon&sons社のウールのヘリンボーン素材です。レンガ色、ピンク、ブラウン、ベージュ、パープル、複数の先染めの糸を混ぜて大柄なヘリンボーン柄で織ることで英国生地の持つクラシカルな雰囲気と優しい表情を作っています。光の当たり方で色調や柄の強度が違って見える今シーズンのテーマである夕陽の中でも、マジックアワーと呼ばれる日が沈んだ瞬間に現れる空の色を連想させる美しい生地です。目がしっかりと詰まった、メルトン生地のようなタッチがありながら決して重すぎず、ドレープも表現できる素材です。

PM|イザベラ自身がデザインしブリストル社によって丁寧に織られたウール/コットン素材で、1:3のツイル構造を用いて幾何学柄を表現した手機生地です。イタリアはフィレンツェの織物を代表する織柄で、基本的には変形のヘリンボーン柄ですが、それらをうまく組み合わせて星柄のようなものを組み上げています。こちらは比較的太い番手の糸を使用している上に綾織で構成されているため、表裏の柄の見え方が違う点も面白いポイントになっています。

Sunrise|イザベラ自身がデザインしブリストル社によって丁寧に織られたウール/コットン素材で、今シーズンを象徴する朝陽の柔らかさと淡い世界をイメージして作られています。ピンクとベージュ、ネイビーの糸を用いて英国を代表する伝統的なグレンチェックの中で日の出と日没後のマジックアワーと呼ばれる限られた瞬間に現れる空の色を表現した美しい生地です。

Sunset|イザベラ自身がデザインし、ブリストルによって丁寧に織られたウール/コットン素材です。今シーズンを象徴する夕陽を思わせるオレンジをキーカラーとしたグラデーションを英国を代表するグレンチェック柄に乗せて表現した手機生地です。

Starset|イザベラ自身がデザインしブリストル社によって丁寧に織られたウール/コットン素材です。基本的な構造は変形のヘリンボーン柄ですが、それらをうまく組み合わせて星柄のようなものを組み上げています。こちらは比較的太い番手の糸を使用している上に綾織で構成されているため、表裏の柄の見え方が違う点も面白いポイントになっています。StarSetには、象徴であるSun-Setに使用されている色目のオレンジのヤーンが使用されています。





LEATHER BAG


イタリアの名門タンナーのベジタブルタンニング・カーフレザーのヌメのみを使用し、自身が培ってきたテーラリングテクニックや縫製方法を用いて全ての工程を手縫いで行なっていること、そして商品に用いるパーツの全ても彼女自身の手によって加工や成形されたものであることが特徴としてあげられます。今シーズンは、異素材の組み合わせと配分が特徴です。

自身で洗いをかけてフェルティングした生地をベースにして底面や側面などのパーツにレザーを使うことで、ソリッドなレザーのテクスチャと生地の温かみのある質感のコントラストを表現しています。また、リバーシブルで使えるのも嬉しいポイントです。

Handleshop、Duffle, Sac, Sachet という今シーズン発表された全モデルをベースに、組み合わせて使う生地を御社別注仕様にてイザベラの手機生地を中心に製作しています。

Isabella Stefanelli/イザベラ・ステファネリの詳細は、会員登録・ログインされたお客様のみご覧いただけます。