Nigel Cabourn

◯ Nigel Cabourn - CC22 HENLEY NECK SHIRT - GREEN

ナイジェルケーボン《CC22 ヘンリーネックシャツ》グリーン


綿ウールで編まれたビンテージをベースに、今シーズンのテーマであるCC22シリーズとしてデザイン。コットン100%のスラブ糸を使い、丸同天竺に編み上げています。 簡素でシンプルな設計がCC22由来。 ハーフフライスは所謂針抜きの事で、編み機の鍼を一本口交互に外してセットする訳ですが、本製品は特殊な編み機と運用を固持する稀有なニッターと出会った事により、市場に溢れるハーフフライスとは全く別もののキックバックを持つ編地に仕上げています。 第2次大戦中から戦後直後にかけて、敗戦国側は言うに及ばず、大戦の戦勝国となった英国でも国力の全てを戦争につぎ込んだ結果、国力、経済力は低迷し、慢性的な物資不足に陥りました。そのため英国は倹約と質素をモットーとし衣料品についても、華美を排除し必要最低限の機能に留めるよう生産やディティールを統括しました。これが1941年から50年代にかけて生産されレーベルも付与されたCC41です。 今シーズンは近年急激な変化を迎えた時代感もふまえ、必要最小限の機能や無駄の排除に着目し、シーズン限定でCC22のレーベルを付与するラインを造り上げました。

(SIZE)
46 (S) (肩幅 47cm 身幅 51.5cm 着丈 69cm 袖丈 28cm)
48 (M) (肩幅 51cm 身幅 54cm 着丈 71cm 袖丈 29cm)
50 (L) (肩幅 53cm 身幅 57cm 着丈 73cm 袖丈 30cm)
52 (XL) (肩幅 55cm 身幅 59.5cm 着丈 75cm 袖丈 31cm)


(素材)
COTTON 100%


(生産国)
JAPAN

《Nigel Cabourn ナイジェル・ケーボン》

1949年イギリス生まれ。
17才でニューカッスル・アポン・タイン大学のファッション学科に入学。 ファッションキャリアのスタート地点に立つ。
カレッジの最後の年に自らの会社"CLRICKET CLOTHING LTD."を起ち上げる。
3年後にはパリで行われたメンズウェアショー"S.E.H.M"に出展。ハリス・ツイードを使ったコレクションを発表。
本格的に海外への展開を開始。
1996年ロンドンのコベント・ガーデンにNigel Cabourn一号店をオープン。
ナイジェル・ケーボンのコレクションは現在ふたつのラインで展開されている。
ひとつは日本で生産されている。"Main Line メイン・ライン"。もうひとつがイギリスのメーカーで可能な限りイギリス産の生地を使って生産する"Authentic Line オーセンティク・ライン"である。 どちらもナイジェル自身によるデザインとなっています。

*PC、モニター、ブラウザーの環境により実際の色やイメージと異なる場合がございます。ご了承下さい。
ご不明な点等は、Phaetonフェートン ( shopmaster@phaeton-co.com ) までお問い合わせください。