Nigel Cabourn

◯ Nigel Cabourn - HOSPITAL JACKET - C/L DENIM GREEN

ナイジェルケーボン《ホスピタルジャケット》コットンリネンデニム オリーブ

ホスピタルジャケットは傷病兵に負担をかけないアンコンストラク ティッドな仕様でありながら、サヴィルロウのしっかりとした構築美を 失っていない事が特徴。まさに英国の文化と伝統が育んだ衣装(=意匠) と言えるでしょう。


About the fabric

コットンリネンデニム。 所謂綿麻のデニムですが、一般的なそれとは構造が異なる逸品。普通、「綿麻」と言えば、 綿と麻の短繊維(糸になる前の短い毛羽のような繊維)をミックスして、綿麻素材の糸と なし、その糸で生地を織ります。これに対し、本製品はタテに綿糸、ヨコに麻糸を打って いる「交織」です。それ故、硬さを持つ麻糸がヨコ方向に迫力のあるハリを持ち、麻独特 のスラブ感を見事に残している事が特徴です。

Nigel Cabourn - BLANKET JACKET - DARK ORANGENigel Cabourn - BLANKET JACKET - NAVY




(SIZE)
48 (M) (肩幅 47cm 身幅 56cm 着丈 78cm 袖丈67cm )
50 (L) (肩幅 48cm 身幅 58cm 着丈 79cm 袖丈68cm )
52 (XL) (肩幅 50cm 身幅 60cm 着丈 81cm 袖丈78cm )


(素材)
COTTON 60%
LINEN 40%
別布 COTTON 100%


(生産国)
JAPAN


《Nigel Cabourn ナイジェル・ケーボン》

1949年イギリス生まれ。
17才でニューカッスル・アポン・タイン大学のファッション学科に入学。 ファッションキャリアのスタート地点に立つ。
カレッジの最後の年に自らの会社"CLRICKET CLOTHING LTD."を起ち上げる。
3年後にはパリで行われたメンズウェアショー"S.E.H.M"に出展。ハリス・ツイードを使ったコレクションを発表。
本格的に海外への展開を開始。
1996年ロンドンのコベント・ガーデンにNigel Cabourn一号店をオープン。
ナイジェル・ケーボンのコレクションは現在ふたつのラインで展開されている。
ひとつは日本で生産されている。"Main Line メイン・ライン"。もうひとつがイギリスのメーカーで可能な限りイギリス産の生地を使って生産する"Authentic Line オーセンティク・ライン"である。 どちらもナイジェル自身によるデザインとなっています。