Nigel Cabourn

◯ Nigel Cabourn - 30s BRITISH ARMY SHIRT OZONE BLEACH CHECK - RED

ナイジェルケーボン《30's ブリティッシュアーミーシャツ オゾンブリーチチェック》レッド

襟はボタンダウンになり、使用するボタンは小振りの114つ穴ボタン。肘あての付いた剣ボロと一体型の袖形状。前身・後ろ身頃は別柄になり柄違いの配色パターンが特徴的。クラシカルなチェック柄を採用し、さらに最終仕上げとしてオゾンブリーチを施しています。通常ブリーチは酸性の水溶液を使用し、脱色した後の洗浄に大量のすすぎ水を使います。これに対しオゾンは文字通り気体を使うので排水処理の必要がありません。 こうした点でエコロジカルな最新技術であると言えます。また通常は経年変化と言えば生地のダメージと連動しています。しかし、この加工方法は生地にダメージを与える事なく、数十年の経年変化を一瞬で 表現する事が可能です。生地にとってはまさにタイムマシーンのような存在です。


(サイズ)
48 (M) (肩幅 45cm 身幅 56cm 着丈 75cm 袖丈 63cm)
50 (L) (肩幅 47cm 身幅 59cm 着丈 77cm 袖丈 64cm)


(素材)
100% COTTON

(生産国)
JAPAN

《Nigel Cabourn ナイジェル・ジョン・ケーボン》

1949年イギリス生まれ。
17才でニューカッスル・アポン・タイン大学のファッション学科に入学。 ファッションキャリアのスタート地点に立つ。
カレッジの最後の年に自らの会社"CLRICKET CLOTHING LTD."を起ち上げる。
3年後にはパリで行われたメンズウェアショー"S.E.H.M"に出展。ハリス・ツイードを使ったコレクションを発表。
本格的に海外への展開を開始。
1996年ロンドンのコベント・ガーデンにNigel Cabourn一号店をオープン。
ナイジェル・ケーボンのコレクションは現在ふたつのラインで展開されている。
ひとつは日本で生産されている。"Main Line メイン・ライン"。もうひとつがイギリスのメーカーで可能な限りイギリス産の生地を使って生産する"Authentic Line オーセンティク・ライン"である。 どちらもナイジェル自身によるデザインとなっています。