Nigel Cabourn

Nigel Cabourn - WORKER COAT (MOLESKIN) - OLIVE

  • ¥ 58,320 - tax in
  • SOLD OUT

ナイジェルケーボン《ワーカーコート(モールスキン)》オリーブ

オリジナルのデザインをそのままに、ファブリックをオリジナルモールスキン置き換えたにナイジェルケーボンのワーカーコート。1950年代のワークウェアをベースにしたデザイン。葉カス入りの落ちわたをブレンドし、リング紡績機にてストレート形状に仕上げた糸を使用。落ちわたは、繊細でしなやかな性質をもっており、糸にしたときにふわっとしたソフトな風合いになる事が大きな特徴です。本ファブリックでは落ちわたを、あえてリング紡績でストレート形状に仕上げています。いわば落ちわたの良さを潰すような事をしている訳ですが、織り上がったファブリックに対して起毛をかけたり、着込んだりしていくうちに落ちわた本来のふかふかした柔らかさが出てきます。この素材の優れた点はただ単に柔らかいだけではなく、しなやかな反発力を併せ持っている点。そのため長い年月の使用に良く耐え、着込めば着込むほど風合いが増す。ナイジェルケーボンのワーカーコート。



(SIZE)
46 (M) (肩幅 44cm 身幅 54cm 着丈 100cm)
48 (L) (肩幅 46cm 身幅 56cm 着丈 102cm)
50 (XL) (肩幅 48cm 身幅 58cm 着丈 104cm)


(素材)
COTTON:100%


(生産国)
JAPAN


《MOLESKIN / モールスキン》

厚手のコットン生地。モール(mole)は英語でモグラを意味し、本来はモグラの毛皮のことで、これに似た手ざわりと外観をもった 織物のこと。肌触りが良く、耐久性にすぐれる素材。

《Nigel Cabourn ナイジェル・ケーボン》

1949年イギリス生まれ。
17才でニューカッスル・アポン・タイン大学のファッション学科に入学。 ファッションキャリアのスタート地点に立つ。
カレッジの最後の年に自らの会社"CLRICKET CLOTHING LTD."を起ち上げる。
3年後にはパリで行われたメンズウェアショー"S.E.H.M"に出展。ハリス・ツイードを使ったコレクションを発表。
本格的に海外への展開を開始。
1996年ロンドンのコベント・ガーデンにNigel Cabourn一号店をオープン。
ナイジェル・ケーボンのコレクションは現在ふたつのラインで展開されている。
ひとつは日本で生産されている。"Main Line メイン・ライン"。もうひとつがイギリスのメーカーで可能な限りイギリス産の生地を使って生産する"Authentic Line オーセンティク・ライン"である。 どちらもナイジェル自身によるデザインとなっています。

*PC、モニター、ブラウザーの環境により実際の色やイメージと異なる場合がございます。ご了承下さい。
ご不明な点等は、Phaetonフェートン ( shopmaster@phaeton-co.com ) までお問い合わせください。