Nigel Cabourn

Nigel Cabourn - FATIGUE JACKET VIETNAM EMBROIDERY - BLACK

  • ¥ 66,960 - tax in
  • SOLD OUT

ナイジェルケーボン《ファティーグジャケット ベトナム エンブロイダリー》ブラック

M-65 フィールドジャケットとジャングルファティーグジャケットを融合させたデザインです。 後身頃にはジャングルファティーグのヴィンテージに刺繍されている図柄をベースにしています。 古い時代のベトナム刺繍は一本の糸を染め分けた絣(かすり)糸を使用しているため、非常に深い陰影を持つことが大きな特徴です。今回のコレクションはオリジナルの持つ陰影を表現するために2 色の色を使用しています。刺繍を施すパーツをベトナムに持ち出し、現地で刺繍した後に再び日本に戻して日本で縫製して製品に仕上げます。現在の刺繍製品のほとんどはコンピュータ制御で寸分違わぬ製品を大量生産します。均一化したそれは味も素っ気も感じられません。それに対し、本製品のベトナム刺繍は1 着ずつ職人がミシンを駆使して正に絵を描くように刺繍を施し完成させています。


(サイズ)
50 (L) (肩幅 49cm 身幅 62cm 着丈 78cm 袖丈 62cm)


(素材)
50% COTTON 50% NYLON
裏地 100% NYLON


(生産国)
JAPAN

《Nigel Cabourn ナイジェル・ジョン・ケーボン》

1949年イギリス生まれ。
17才でニューカッスル・アポン・タイン大学のファッション学科に入学。 ファッションキャリアのスタート地点に立つ。
カレッジの最後の年に自らの会社"CLRICKET CLOTHING LTD."を起ち上げる。
3年後にはパリで行われたメンズウェアショー"S.E.H.M"に出展。ハリス・ツイードを使ったコレクションを発表。
本格的に海外への展開を開始。
1996年ロンドンのコベント・ガーデンにNigel Cabourn一号店をオープン。
ナイジェル・ケーボンのコレクションは現在ふたつのラインで展開されている。
ひとつは日本で生産されている。"Main Line メイン・ライン"。もうひとつがイギリスのメーカーで可能な限りイギリス産の生地を使って生産する"Authentic Line オーセンティク・ライン"である。 どちらもナイジェル自身によるデザインとなっています。