Nigel Cabourn

Nigel Cabourn - MALLORY JACKET (HIGH DENSITY LINEN) - DARK NAVY

  • ¥ 45,360 - tax in
  • SOLD OUT

ナイジェルケーボン《マロリージャケット(ハイデンシティー リネン)》ダークネイビー

大英帝国の威信をかけて困難に挑んだ男の名を冠したジャケット。2003年の誕生以来ナイジェルケーボンの中でも高い支持率の誇る名作。今期は細番手の糸を超高密度に織りあげたリネン生地を採用。軽やかな着心地。 気温が上昇し、汗ばむような日でも生地が体に張り付かず、快適に過ごせます。麻の繊維を超高密度に打ち込む事は極めて困難です。高品質な麻を原料に、細番の糸で超高密度に製織されています。細番の麻に、超高密度で製織することができる機屋はごく少ない上、誕生した生地は大変貴重。是非一度触れていただきたいジャケットです。

(SIZE)
48 (M) (肩幅 44cm 身幅 54cm 着丈 73cm 袖丈 65cm)
50 (L) (肩幅 46cm 身幅 56cm 着丈 74cm 袖丈 67cm)
52 (XL) (肩幅 47cm 身幅 57cm 着丈 79cm 袖丈 67cm)

(素材)
表 LINEN 100%
別布 COTTON 100%


(生産国)
JAPAN


《Nigel Cabourn ナイジェル・ケーボン》

1949年イギリス生まれ。
17才でニューカッスル・アポン・タイン大学のファッション学科に入学。 ファッションキャリアのスタート地点に立つ。
カレッジの最後の年に自らの会社"CLRICKET CLOTHING LTD."を起ち上げる。
3年後にはパリで行われたメンズウェアショー"S.E.H.M"に出展。ハリス・ツイードを使ったコレクションを発表。
本格的に海外への展開を開始。
1996年ロンドンのコベント・ガーデンにNigel Cabourn一号店をオープン。
ナイジェル・ケーボンのコレクションは現在ふたつのラインで展開されている。
ひとつは日本で生産されている。"Main Line メイン・ライン"。もうひとつがイギリスのメーカーで可能な限りイギリス産の生地を使って生産する"Authentic Line オーセンティク・ライン"である。 どちらもナイジェル自身によるデザインとなっています。